目頭切開は平行型になる|美容外科クリニックで理想の顔とスタイル|相性がぴったり

美容外科クリニックで理想の顔とスタイル|相性がぴったり

女性

目頭切開は平行型になる

女の人

福岡の美容外科クリニックでは、目頭切開による二重施術を行なっています。まぶた全体ではなく、目頭の蒙古ひだを取り除き目を大きく見せるのです。メスを入れる範囲が狭いため傷跡は小さいですし、なによりぱっちりとした目元に仕上げることが可能です。そのため、福岡の美容外科クリニックでもこの目頭切開は人気の二重施術方法となっています。目と目が離れており、メイクのときに目頭ラインを書いている人に最適な施術方法です。一重だけでなく末広型の二重から平行型の二重にしたいと言う場合も、目頭切開がぴったりでしょう。

そんな目頭切開ですが、福岡の美容外科クリニックで受ける際に注意しなければならないことが3つあります。その3つの点を事前に把握しておくことでトラブルを防げます。
まず、目頭切開を行なうと切開が控えめに感じることがあります。それは、涙丘とのバランスを維持するためです。切開をすることに涙丘が露出するのですが、露出しすぎると目元が不自然に見えます。ですから、ある程度は蒙古ひだを残して自然に見えるようにしているのです。しかし、人によっては物足りなさからもっと切開してほしいと思うでしょう。そのときは再施術を受けるしかありません。ですが、切開できる幅は限度があるため、その点を注意した上で施術を受けてください。
続いて逆に目頭を切開しすぎたように見えることもあります。それは、術後は縫合されており、傷口が引っ張られているため大きく開いたように感じるのです。ですから、抜糸をすれば解消されるでしょう。ところが場合によってはそれでも切開しすぎに感じる場合もあります。そのときは蒙古ひだの形成術で目頭に皮膚をかぶせる施術を検討しましょう。
最後に平行型のまぶたにすることですが、二重の幅が狭いと目頭切開を行なっても平行型にするのが難しい場合があります。そのときは二重の幅を広げる施術もしくは、目頭を広げる施術もの検討をしなければなりません。

このように二重整形には様々な注意点があります。事前に知っておかなければ福岡の美容外科クリニックとのトラブルを招いてしまうかもしれません。ですから、前もって知っておくことが肝心なのです。こういった注意点はカウンセリングのときに確認できます。